産毛とホルモンの関係性

産毛とホルモンの関係性

体毛の濃さは人それぞれ違い、体毛がほとんどない人も入れば、体毛の量が多い人もいます。そして、それは女性にも言えることであり、女性の中には体毛の濃さに悩む人も数多くいます。

 

一般的に、女性の場合には男性に比べて体毛が薄い傾向にあります。それは女性の場合、体内に含まれる男性ホルモンが男性に比べても少ないため体毛が薄くなるのです。しかし、女性の中にも男性ホルモンは存在し、その量によって体毛の量が変わるのです。

 

特に、女性の場合には顔や口元の産毛が多い人はその量が多いとされています。男性の場合、思春期を迎えるあたりからひげが生えはじめますが、それはその頃になると男性ホルモンが増えるためヒゲが生え始めるのです。

 

ヒゲは男性としての象徴でもあり、男らしさを表すものでもありますが、女性にとっては女性らしさを損なってしまうものでもあります。そのため、顔周りや口元の産毛が多い人は自宅や脱毛サロンなどに通って脱毛処理を受ける人が多いのです。

 

産毛の処理の仕方で糸を使う方法がある

顔の産毛の処理の方法は、カミソリを使って剃るか、脱毛器を使って処理をするやり方が一般的ですが、脱毛器を利用する時は、短くて細い物は抜けきれない事があり、部分的に残ってしまう事があります。

 

またカミソリの場合は、肌に出ている表面の部分しか処理をする事が出来なく、処理をして数日でまた同じ所に生えて来てしまう事になるのです。効率よく綺麗に産毛を処理するやり方は糸を使っての脱毛です。

 

やり方は二本の糸を使い行うのですが、両手の指に二本を交差するように付け、産毛を挟み込むようにして抜いていくのです。この方法は海外で行うやり方が基本となっていて、国内でもメジャー化したのものです。

 

何回も挟み込むようにして、抜いていくのですが、多少の痛みも伴います。しかし痛く感じるよりも気持ち良く感じるので、強烈な痛みを感じる事はまったく無い方法です。顔の糸脱毛を行ってくれる所は少ないですが、一回体験するとやみ付きになる人が多いという特徴があります。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?