女性のヒゲ処理とは?

女性のヒゲ処理とは?

女性は社会で男性同様に活躍しなくてはいけないし、子供は生めといわれる、男性の3倍ぐらい仕事ができてやっと同じぐらい昇格。

 

要領の悪い上司にいらいらしながらも、とりあえず立てておいて、バカだな・・・なんて思いながら仕事している女性が世の中のほとんどだと思います。

 

だって男性は一度に1つのことしか出来ないじゃないですか。あとは力が強いだけ。それ以外に女性みたいに勘が働いたり、笑顔で場を和やかにしたりできますか?

 

仕事だけカリカリ長時間してアウトプットちょっとの男性が上司って一杯いて、女子トイレでは、それこそ「おばかな上司がさ〜」とストレス発散をしているわけです。
だから、ヒゲが生えてくるのは、男性のせいにしてしまいましょう。

 

だって、男性同様に活躍してください。子供は生んでください。料理は女性がするもの。汚すのは男の仕事?じゃあ出ていってください!って言いたくなりますよね。
これじゃあ女性にヒゲが生えても仕方がないじゃないですか。

 

これを女性が読めばすっきりするけれど、男性が読むと、耳が痛いか、自分のことと思っていない、さらに鈍感な男性か。
いずれにせよ、女性はヒゲ処理をしなければなりません。

 

もちろんこれは男性のためではなく、自分でそうしたいからなのです。
つまり、いつまでも美しくありたいから。男性にもてたいと思っているかはわかりませんが、とにかく、お肌つるつるの方が気分よくお仕事ができますよね。
だから、どうやってヒゲ処理するのかをご紹介しましょう。

 

すでに産毛でなく、ヒゲと自分で確信しているのであれば、抜くのは止めておきましょう。毛穴が大きく開き、ばい菌が入って化膿する可能性もありますし、そのまま開きっぱなしでお肌がたるみます。

 

もちろん剃るよりは毛抜きで抜いた方がヒゲも生えてくるのは数週間、長い人では1ヶ月ぐらいかかるかもしれません。ですが、後日のシミやシワ、たるみを気にするのであれば、抜くのはやめたほうがいいと思います。

 

あとは永久脱毛ですが、医療脱毛もエステサロンもそれなりにコストがかかりますので、まずは、抑毛効果のあるスキンケアクリームを探してください。

 

顔専用のものです。脚や腕にも使えるというのであれば、敏感肌の人や、もともと肌があまり強くない人には良くない成分(防腐剤など)が入っているかもしれません。

 

自分で成分表を見て判断できればいいのですが、小さい上に、それが一体お肌に良いものなのかどうかわかりませんから、とにかく顔専用と記載のあるものを探しましょう。
このスキンケアクリームやローションを使いながら、シェービングもしてちゃんとお化粧もすれば、ヒゲ処理の回数が減っていきます。ぜひ高額な永久脱毛の前にこれをおためしください。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?